2012年05月24日

価値観とは考え方のこと

この前の「出来事と感情のすき間」 では、そのすき間に価値観とか考え方が入っているという話をしました。

そのときは、価値観について詳しく説明せず、考え方ということで話を進めました。

今回は、価値観とはどういうことなのか、ということを考えてみたいと思います。



「大きいことは良いことだ。」

昔、食品メーカーのCMで流れて、流行語になりましたね。

こういうのを価値観と言います。


他にも、こんなのもありますね。

「子どもは親の言うことをよく聞くべきだ。」

「後輩は先輩に従うべきた。」

「女は仕事のことに口出しすべきではない。」

「40歳までに結婚できなければ負け組」

「遅刻するやつは仕事ができない。」

「大企業は安定しているから良い。」


どうでしょう?同意される方も多いのではないでしょうか?

「それが筋だ」「当然だよ」「常識だね」と言うようなことは、たいてい価値観に属します。


こういった価値観というものは、定着した考え方と呼べると思います。

まさに自分が「当然だよ」と思っている考え方。当然だと感じるくらい、自分の中で定着した考え方なのです。



つまり価値観といえども、考え方に過ぎないということを言いたいのです。

考え方ですから、どのようにも考えることができます。

女が仕事に口出しするという考え方もありですし、遅刻しても仕事ができるやつがいても良いのです。


そういうように異論を唱えると、とたんに血相を変えて「非常識だ!」「ほとんどの人はそうは思わない」などと怒り出す人がいます。

自分の価値観が否定されると、自分自身が否定された気になるのでしょうね。

そして自分を守ろうとして、人数の力を借りて自分の正しさを証明しようとするのです。

しかし、人数の力を借りなければ正しさを証明できないとしたら、それはすでに証明に失敗しているのです。



価値観も考え方の一種であり、人それぞれです。

だから、どんな風に考えることもできるし、どんな価値観を持つことも可能だと言えるのです。




※「幸せの公式」の補習講座は、こちらからどうぞ。

「幸せの公式7日間補講」


posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 15:21 | Comment(0) | 幸せの公式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク