2012年05月23日

僕を支えた母の言葉



これは、何度読んでも泣いてしまう本です。



野口嘉則さんの本を読んだのは、「鏡の法則」が最初でした。

これも「読んだ人の9割が涙した!」と帯に書かれているくらい、泣ける本でしたね。

ともかく心の琴線に触れて、感動する本なのです。



前に書きましたが、感動というのは魂の喜びの声です。

「ここに私がいた。これこそが私だ!」という、魂の叫びなのです。

そんな感動を味わえる本ですから、心が疲れた時、殺伐としてきた時、ぜひ読んでみてください。





なお、「僕を支えた母の言葉」は、動画で見ることができます。

と言うより、最初は動画で公開されたのですね。

それに写真をつけて本にしたのが、上記の本です。

下の動画を見て感動したら、ぜひ本も買ってください。本を買って、誰か大切な人にプレゼントするのもいいですね。


本がたくさん売れても私には一銭も入ってきませんが、作者の野口嘉則さんは喜ばれるでしょう。

彼とは同じ広島大学に通ったという仲ですが、ひょっとしたらキャンパスですれ違ったかもしれない、というだけの関係です。

それでも、こんな素敵な本を世に送り出してくださったから、野口さんの本を紹介したいのです。

タグ: 言葉 琴線
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 20:36 | Comment(2) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■泣けました
こんばんわ。
これ、何年か前に見た事ありましたけど、今日改めて見て、泣けました。

ご紹介ありがとうございます。
僕もブログで書こうと思います。
Posted by 【広瀬つみき】2・3歳の子育て専門★幼児教育アドバイザー at 2012年05月24日 23:12
■Re:泣けました
>【広瀬つみき】2・3歳の子育て専門★幼児教育アドバイザーさん

広瀬さん、ブログを読ませていただきましたよ。
不思議な縁ですね。
Posted by 赤木 (幸せ実践塾塾長) at 2012年05月25日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク