2012年05月23日

一期一会を感じてみる

NHKのドラマ10「はつ恋」を少し見ました。

木村佳乃さん演じる村上緑が再検査で肝臓癌とわかり、桜が咲く病院の庭で夫に伝えるシーンが印象的でした。

青木崇高さん演じる夫の村上潤は、心配でいたたまれずに病院に駆けつけたのですが、緑が「(再検査の結果の話は)2分で終わった」と言うのを聞いて、いったんは安堵します。

しかしその後、緑が切り出します。

「潤ちゃん、ごめん。わたし、癌だった。」


愛する人が、突然いなくなってしまうのかもしれない。

そう思うと、たまらないでしょうね。



でも、普段はそれほど大事に思っていないのではないでしょうか?

いて当然みたいな。

明日いなくなるとわかったら、どれだけ感謝したいか。些細なことなど気にせず、どれだけ愛したいか。

そのことを今、考えてみましょう。


前にも書きましたが、私は渡辺真知子さんの「愛することだけすればよかった」という曲
が大好きです。

よく聴いていました。

けんかしていた恋人が、突然の交通事故死。

あんなことで怒るんじゃなかった。ごめんと言って仲直りしておけば良かった。ただただ、愛するだけで良かったのに。

そんな後悔を歌った曲です。


人生は、いつ何が起こるかわかりません。

いくら引き寄せの法則だとか使ったところで、完全にコントロールすることは不可能です。

なぜなら、そんなことができたら生きる意味がないからです。

だから、何が起こっても良いように生きるのですよ。



あなたの大切な人と出会えた喜びを、噛み締めてみましょう。

照れくさくても、勇気を出して「ありがとう」と伝えてみましょう。

一期一会。

そのチャンスは、何度やってくるかわからないのですから。

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 11:16 | Comment(0) | 実践内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク