2012年05月21日

鏡のワークのやり方

肝心の「鏡のワーク」について、まだ何も説明していませんでしたね。失礼しました。

他のブログでたくさん書いたので、自分の中ではもう当然のことになっていました。

改めて、このブログでも紹介します。


鏡のワークとは、鏡に映った自分を励ますことで、自己肯定感を高めて心を癒す方法です。

まあ、そんな学術的な言い回しを知ったのは、最近のことですけど。

始めた当初は、単に気持ちがいいし、モチベーションがアップするから続けていたのです。

自分で自分の心を癒す方法として、みなさんにお勧めしたいと思います。



用意するものは、鏡と5分くらい1人になれる空間です。

鏡は、顔全体が映るくらいの大きいものがあればベストですが、なければ顔半分くらいが映る手鏡でもOKです。

声を出しても平気な空間があればベストですが、なければ他人から見られない(=何をしているか気づかれない)空間を、最低でも5分くらい確保できるならOKです。

たとえば、トレにこもってやることもできます。もちろん、ひと気のないところに車を停めてやることもできますよ。


準備が整ったら、鏡に映った自分に向かって語りかけます。

まるでそこに別の人(=もうひとりの自分)がいるようなつもりで、優しく話しかけるのです。

自分自身のことですから、気持ちはよくわかっているでしょう?

その気持に寄り添い、認め、受け入れ、励ますのです。


これを1日に5分くらいやります。もちろん、時間があればもっとやってもいいです。

あるいは、1〜2分の細切れの時間でやっても効果はあります。

たとえば会社のトイレで、他に誰もいないときは鏡に向かって、いるときは個室にこもってやることも。

あまり長い時間トイレにいると、怪しまれますから注意しましょう。


できれば声を出してやってみてください。

最初は照れくさいでしょうけど、効果は高まります。

もちろん会社とか、声を出すとまずい環境でしたら、心の中で会話をしてもOKですよ。


最初から完璧を求めようとせず、まずはできることから始めてみることです。

人によっては、涙がこみ上げてくるかもしれません。タオルを用意しておくと良いかもしれませんよ。

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 17:21 | Comment(0) | └ 鏡のワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク