2018年07月01日

バンコクに移住します!

前回の記事「「かえる」になりました」で書いたように、わずか4ヶ月のタイの田舎生活を終え、バンコクに移住することになりました。

もうこれをするのもあと数回だなと思えば、日常の作業の一つひとつが愛おしく感じるものです。
出発の前日になる2018年6月29日の朝、開店準備のために外に出ると、満月が煌々と輝いていました。

inaka20180629-1.jpg


その日の午前中、久々のスコールになりました。
店の雨漏り対策をしたお陰で、スコールに見舞われても快適に過ごすことができます。

inaka20180629-2.jpg

inaka20180629-4.jpg

どれだけ雨がすごいかわかるように、動画でも撮ってみました。



妊娠中の犬のミー(熊)ちゃんは、ここなら安心とばかりに、店の中でやすらかに眠っていました。

inaka20180629-3.jpg


その日の夕方、妻がムーガタ(タイ式の焼き肉)を食べに行こうと言いました。
実は数日前に、私が提案したのです。家族で一緒に食事なんてこと、この4ヶ月の間にまったくなかったことですから。

親戚も一緒にということで、おじさんが経営するリゾートへ行きました。
リゾートのことは記事「宿泊はリゾートへ」で紹介していますので、こちらをご覧ください。

親族が総勢10人くらい集まり、レストランではなくおじさんの家の中でテーブルを囲みました。

inaka20180629-6.jpg

ムーガタは網焼きスタイルもありますが、こういうジンギスカン鍋のようなタイプも多いです。
周りにスープを入れて、主に野菜をゆでて食べます。

inaka20180629-7.jpg

この日は特別ですから、もちろんビールをいただきます。

inaka20180629-5.jpg

リゾートの入り口にある何かよくわからない像と一緒に写ってみました。
これでしばらくは、ここへ来ることもないのでしょうね。

 

出発日となる翌日30日の朝、いつものように開店準備をして、托鉢のお坊さんが通る道路を掃き清め、周囲のゴミを拾いました。
そんな時、面白いものを見つけました。

inaka20180630-2.jpg

これ、何だかわかります?
まるで薄絹の切れ端が落ちているようですが、実は蜘蛛の巣なんです。

inaka20180630-1.jpg

朝露を含んで、何だかとっても幻想的です。
自然は、こういう美しさを見せてくれるのですね。

西の空には、少し下が欠けた月が出ていました。

inaka20180630-3.jpg

バンコクでは、空を見上げることもあまりありませんでしたが、田舎では本当によく空を見ました。
山がほとんどないので、空が広いからでしょうね。


そして午後から荷物のパッキングをして、当面必要なものだけをスーツケースに詰めました。
シャワーを浴び、お別れをして、午後4時に妻の実家を出発。5時半には、バスに乗り込みました。

inaka20180630-4.jpg

バス待ちの間に、500mlの缶ビールを2本飲みましたけどね。
前回、車内では飲めないのだと知ったので、30分くらいで2本空けましたよ。

なお、写真の指は妻の手です。自撮りしてると、こうやっていたずらしたがるんですよね。

 

それから約10時間後、明けて7月1日の朝、バンコクの北バスターミナル(モーチット)に到着しました。
今は、北バスターミナルでこの記事を書いています。

inaka20180701-1.jpg

初めてセブン・イレブンのコーヒー(アメリガーノー)を買ってもらって飲んだのですが、意外と美味しいですね。
30バーツは缶コーヒーよりも高いのですが、コストパフォーマンスはいいです。


おそらく8時過ぎにタクシーに乗って、目的地に向かいます。
妻があらかじめ目星をつけておいたアパートです。

そこで部屋を見せてもらい、気に入ればそこを借りることになります。
気に入らなければ、荷物を妻の友だちの部屋に置かせてもらって、今日は部屋探しになります。

さて、どうなりますか。
今日一日を楽しもうと思います。
 

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 08:05 | Comment(0) | ├ タイの田舎・イサン地方暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

バンコクに移住しました!

怒涛の2日間が過ぎました。
前回の記事「バンコクに移住します!」で書いたように、タイの田舎からバンコクに移住することにしたのですが、移住が完了するまでのことを書きたいと思います。

2018年6月30日の夕方、妻の実家を出発しました。
その時、なぜか犬のミー(熊)ちゃんスア(虎)ちゃんも姿が見えず、挨拶できなかったのが心残りです。

18時、バンコク行きのバスが出発しました。
まだ移住先も決まっておらず、不安を抱えたままの出発です。

inaka20180630-4.jpg

ぜんぜん不安を感じさせない写真ですが、指は妻のものです。
こういう時でも遊び心を持ってることって、大切だと思います。


明けて2018年7月1日の朝4時過ぎ、バンコクの北バスターミナルに到着しました。
移動するには早すぎるので、例によってここで時間待ちをします。

inaka20180701-1.jpg

初めてセブン・イレブンのコーヒー(アメリガーノー)を買って飲んだのですが、30バーツしますがなかなかの味でした。
そして、このつぶれたようなストローが秀逸で、熱いコーヒーが楽に飲めました。


8時過ぎ、大きなスーツケース3個をタクシーに積んで、妻と一緒にバンコクのバンナーを目指します。
妻の友人が借りているコンドミニアム(分譲マンション)があり、まずはそこで部屋を探す予定なのです。

9時くらいに到着したものの、レセプションがいません。電話にも出ません。日曜日だからでしょうか?
諦めてこの日は定宿に泊まろうと思った時、電話がつながりました。9時半に来るとのこと。

しかし、実際に来たのは10時くらいになっていました。タイのあるあるですね。(笑)
そこから部屋を3つほど見せてもらい、妻がそのうちの1つを気に入りました。

bangkok20180701-3.jpg

bangkok20180701-5.jpg

bangkok20180701-4.jpg

30階建ての29階にあり、眺望は抜群です。
部屋は20平米くらいでコンパクトですが、収納も十分にあり、日本のビジネスホテルより広いです。

エアコンは当然ですが、冷蔵庫、電子レンジ、TVといった家電品もついており、1000バーツUPで洗濯機も取り付けてもらえます。
これまで誰にも貸してなかったという真新しい部屋できれいなことも、妻の心を捉えたようです。

それと、スポーツジムやプールなどがあるというのも、妻が気に入っているところなのです。

bangkok20180702-2.jpg

bangkok20180702-1.jpg

私は使うことはないとは思うのですが、妻はダイエットのために運動をしたいとのこと。
スポーツジムのランニングマシンなどを利用するようです。

月額11,500バーツになりますが、ここを借りることに決めました!
保証金2ヶ月分と7月分の家賃の3ヶ月分をキャッシュで支払い、契約手続きを始めました。


部屋を掃除する(?)ということで、しばしロビーで休憩。

bangkok20180701-2.jpg

私はビールを飲んで喉を潤し、妻は1Fにあるミニスーパーマーケットのマックスバリュー(イオンです)で買ったものを食べて空腹を満たします。

しかし、いくら待っても掃除をする気配がないので、12時くらいには部屋に入らせてもらいました。
やると言ってやらないのは、これもタイのあるあるですね。(笑)

夕方にはオーナーが来て、キーカードももらえるという話でしたが、これも結局実現しませんでした。
切れていた電球の交換はしてもらいましたが、あとは翌日ということに。

マックスバリューで床を拭くモップを買ってきて、ホコリだらけの机の上や床をきれいにしました。
ベッドのシーツなども新しいものが備え付けてあるので、それを設置すればすぐ寝ることも可能です。


明けて今日2日の10時、オーナーが来てくれたので、ここでやっと契約書を取り交わしました。
エアコンのリモコン、セカンドロックの設定、TVのアンテナ接続など、必要なことをやってもらい、キーも2人分受け取りました。

これで部屋の契約は終了し、バンコク移住が完了しました!


ここは、BTS(高架鉄道)のバンナー駅から徒歩5分という便利な場所です。
部屋から見えるのは、バンナー駅の先のベーリング駅、そして終点のサムローン駅です。

バンコクの中心部からは離れていますが、BTSで通うとすれば、便利でしょうね。(最近はBTSのトラブルが続いていますが。)

bangkok20180702-5.jpg

今日は、サムローン駅から400mほど戻ったところにあるインペリアルワールドという商業施設へ行ってみました。
非常に大きなショッピングモールで、その大きさに驚きました。


bangkok20180702-3.jpg

コンドミニアムの1Fには、マックスバリューの他にカフェもあります。

bangkok20180702-4.jpg

65バーツのホットアメリカーノーをいただきました。
これで65バーツは嬉しいですね。
WiFiはありませんが、ここでノマドをすることが増えそうな気もします。


バンコク移住をした2018年7月1日は、「天赦日」で「一粒万倍日」なのだそうです。

「天赦日」とは、年に5〜6回しかない暦の上での最上の吉日で、もちろん引っ越しは大吉です。
「一粒万倍日」は、お金を借りずに何かを始めるにはとても良い日で、これも引っ越しは大吉。しかもキャッシュで払いましたからね。

と言うことで、このバンコク移住は、私にとってとても良いことになりそうな予感がしています。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 19:19 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

折り鶴の物販を始めました

先日までの帰省中、なかなか眠れない夜がありました。

その時にふと考えついて、妄想した挙げ句、眠れなかったこと。それが折り鶴の物販です。

「そんな誰でも作れるようなもの、売れるわけないじゃないの!」

そう言いたい気持ちをぐっと抑えて、インスピレーションにしたがって、とりあえずやってみることにしました。

どうなるかはわかりませんが、楽しみながらやってみます。


まずは、新たなブログを作りました。

「夫婦鶴本舗(めおとづるほんぽ)」

営業的にはあまり良いタイトルとは言えませんが、とりあえずスタートです。


続いて、これまで封印してきたインスタグラムも始めました。

「akasan_meotozuruhonpo」




そして、ココナラに作品を出品しました。

「紅白夫婦鶴(こうはくめおとづる)」

meotozuru20180719.jpg


「できるかどうか」を判断するのはやめて、「やりたいかどうか」で動いてみる。

そして、動いた結果については気にしない

そういう気持ちで、やってみようと思います。

とりあえず今日はここまで。明日はまた、いろいろ追加しようと思います。


<追記>
販売ページを作成しました。こちらからお申し込みいただけます。

 → 夫婦鶴本舗
 

 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 00:29 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク