2017年06月21日

お金のいらない国2〜4

  

以前に読んだ第1作の「お金のいらない国」が素晴らしかったので、その続編を買ってみました。作者は長島龍人(ながしま・りゅうじん)さんです。

物語のシチュエーションはすべて一緒です。主人公が未来の社会に紛れ込み、その社会にお金がないことに驚き、自分が住んでいた社会のいびつさに気づいていくというものです。


ではさっそく、一部を引用しながら内容を紹介しましょう。なお、ページの前に数字を入れましたが、これが何作目かを表しています。

「じゃあ、その国の真似をすればいいじゃないですか。いっそのこと税率を百%にしてしまえば……」
「ええ!……ああ、でもそうか。そうすれば確かに、お金のいらない国になりますね」
」(2 P.9)

言われてみると、たしかにそうですね。税率100%なら、お金が要らないことになります。稼いだお金はすべて税金として吸い上げられ、あとは使いたいだけ使えるのです。それで上手くいくなら、何の心配も要らないように思います。どう思いますか?


紳士はしばらく黙っていたが、ぽつりと言った。
「お金はね、貯めてはいけないものなんです。貯める人がいなければ、貧しい人も生まれません」
 紳士は言った。
「そしてもうひとつ、あなた方は重大な過ちを犯しています」
「な、なんでしょう?」
「その進歩とお金を得るために、たくさんのものを作り、捨てたことによって、資源が大量に失われ、環境が破壊されたのです」
」(2 P.11 - 12)

お金を貯めるということは、将来への不安であったり、今持っていないくらいのお金がかかるものを買うためです。しかし、そうやってお金が滞留しているということは、それだけで無駄になっているのですね。

たとえば、お金がなくても欲しいものが得られるなら、家が欲しい時は「家が欲しい」と言えば、家を建てたい人(大工さんなど)が家を建ててくれます。お金が貯まるのを待つ必要はないのです。将来、病気などでお金が必要になっても、その時に必要なケアをしてもらえるなら、前もって貯め込む必要はありません。

そして、お金を貯めるためにお金を稼ごうとすると、不要なものを大量に買わせるための努力をすることになります。それが資源の無駄遣いになっているのです。


お金が存在しなければ、子供の養育費や教育費もいらないから、他人が保護者を特定する必要はないかもしれないし。結婚しても、誰かを扶養する必要もなければ離婚の時に慰謝料を払うこともないから、これも本人たちの気持ちの問題だし。遺産相続も無いから、親族が誰かなどは当事者だけがわかっていればいいことでしょうしね。そうなると戸籍も必要ないか」(2 P.24)

たしかにそうですね。今の結婚制度は、お金があるからこそ必要な制度かもしれません。お金がないのであれば、親子関係も周りや社会が把握しておく必要がないとも言えません。

もちろん、子どもの養育を親が放棄をした場合のケアは必要ですが、親の養育義務が、要はお金の問題に行き着くのであれば、他の人が養育したっていいわけです。養育放棄する人は、どうせそうするのでしょうから、同じことですからね。


病気は、精神を含めた体の異常を訴えるサインですから、治療は表れた症状を抑えようとするだけではだめなんです。また、体は自然の力で治ろうとしますから、そのために出ている症状をむやみに抑えてしまうと、かえって治らなくなります。病気の原因は、その人の生き方、考え方、経験、環境など、あらゆることが考えられます。医者は患者のそういったことまですべて引き出して、親身になって治療に当たれる人がならないといけませんね」(3 P.38)

お金がない進んだ社会では、病気に対する考え方も違いがあるようですね。(笑)
しかし、本来はそういうものだろうと思います。保険診療の問題もあって、医療関係者はやはり、どうやってお金を儲けるかということも考えざるを得ないのが、今の医療だと思います。

本来なら、未然に病気を防ぐ予防とか、なるべく身体に負担がかからないように薬を使わないなどの治療法が、優先されるべきだと思います。それをしないのは、それでは儲からないからです。


そうか! やはり、根本原因は所有じゃないか! 自分だけのものという概念。自分のものと人のものを分ける発想。そして比較する、競争する。そういう社会では、自分にとって都合のいいことは、相手にとっては都合が悪い。自分が勝てば相手は負ける。自分の幸せは相手の不幸せ。この、所有に伴う、比較、競争、勝ち負けの世界。これを基本にしているから、お互いが納得できる道などないと思い込んでしまうのではないか。」(3 P.47)

なぜ対立が起こるのか?
それは競争しなければ必要なものが得られないと信じているからです。競争してまで何かを手に入れなければ、それが不足していると信じているからです。

これは、まさに「神との対話」が示している幻想です。幻想によって不安が生まれ、その不安に突き動かされて、所有しなければと思い込んでいるのです。


「そうか。同じにしなきゃいけないと思うから苦しいのね」
「相手に自分の意見を受け入れさせようと思うからけんかになるのよ。お互いが受けとめられれば問題は起きないでしょう?」
」(4 P.16)

相手の意見を受け入れる(=同意する)必要はなく、ただ受け止める(=相手は相手の意見のままでいいと思う)だけでいいのです。違いがあって当然だと思えば、何も問題は起こりません。

それを、自分の意見以外は間違っている(=あってはならない)と思うから、問題になります。そして、そう思ってしまうのは、不安があるからです。そうでなければ生きていけないという不安が、自分の意見に固執させるのです。


正解を覚えればよいという教育は自分で考える力をつけない。答えは決まっているのだから覚えるだけで考える必要はない。誰もが同じことを覚えさせられ、そこに疑問の入り込める余地はない。また、わからないことは質問すればいいから、依存が起きる。自立ができない。結果、自分が何をしたいのかわからない、することが決められないという人間が作られる。」(4 P.41)

現代の教育の問題は、自分で考えさせるのではなく、誰かが考えた「正解」を覚えさせ、当てさせるだけの教育になっていることだと思います。だから個性など、生まれようがありません。他人と違うことを否定されるのですから。


肉体がなくなれば、お金や財産はいくらあっても触れることもできず、使いようがない。地位や名誉のようなこの世限りのものにも価値はない。死んだ後に意識が残ると思うのと思わないのでは、ものの価値観が大きく変わりそうだ。」(4 P.54)

人は誰も死にます。死亡率100%ですから。その死ぬ時に、何か必要なものがあるでしょうか?
それを考えれば、本来、何も必要でないことがわかります。この世に生きている間だけの幻想だとわかるのです。そんなものにしがみつくことで、もっと大切なことを忘れてしまっている。それが私たちなのでしょう。


このシリーズは、単にお金がない社会の空想だけでなく、人としての本来の生き方に対するヒントを与えてくれているように思います。

もちろん、そんな理想的なことがすぐにできるはずはない、という考えもわかります。でも、誰かが一歩でも踏み出さなければ、いつまでたってもそこへ到達することはできないでしょう。ですから、今の自分ができる一歩を踏み出せば、それだけでも進歩だと思うのです。

たとえば、ここで紹介した本を読むのも小さな一歩です。また、「ベーシック・インカム」などの本を読み、最低限の生活に関してお金が要らない社会のことを勉強するのも、小さな一歩だと思います。

1冊あたりわずか60ページほどなので、すぐに読めてしまいます。ですが、その内容はとても深いものがあります。ぜひ、じっくり読んでみてください。

お金のいらない国2〜4
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 22:01 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

TREASURE トレジャー



犬飼ターボさんの本を読みました。成功小説というジャンルでは、日本で草分け的存在の犬飼さん。その犬飼さんの成功者シリーズ3部作の第1部になります。

出版されたのは第2部の「チャンス」、第3部の「ドリーム」が先です。第1部が最後になっています。この第1部は、「チャンス」でメンター役として登場する弓池を主人公とした物語だと、「ドリーム」で語られていたのですが・・・。読んでみると違っていましたね。(笑)

「チャンス」と同様に、飲食業界での成功を夢見る中田功志が主人公で、弓池をメンターとして様々なことを教わるという内容でした。「チャンス」ほどは教わる頻度が少ない感じですね。


ではさっそく、一部を引用しながら内容を紹介しましょう。

「困った出来事が起きたら、『私は何を学ぶためにこの出来事を体験しているのだろうか?』と自分に問いかけるんだ」
 コウジはノートに書いた文章を味わった。
「なんだか不思議な質問ですね。”何を学ぶために”ですか。そんなふうに考えたことはありませんでした」
「不幸が起こったのではない。自分が常に成長するために最適な出来事を引き寄せているんだ。この質問を続けていくと、全ての体験を選んでいるのは自分だという認識が育っていく」
」(p.105 - 106)

出来事はすべて自分のために起こる。その認識を深めていくことが重要だと弓池はコウジに説明しているのです。


弓池は3つの意識について説明してくれた。
 意識……思考であり、知覚し考えている自分のこと。
 潜在意識……過去のデータが蓄えれれている。主に危険や苦痛から守るために働いている。
 神性意識……全ては1つであることを知っている意識。それを体験するために出来事を起こす。
」(p.110)

自分の思考が出来事を引き寄せるのですが、その思考を生み出す意識に、この3つがあると説明します。そして、ほとんどの場合は潜在意識や神性意識で出来事を創造すると言います。

「神との対話」などで言われているのも、まさにこの通りです。神性意識というのは、魂と言ってもよいでしょう。ですから、自分の意識(顕在意識)で考えたことではないようなことが起こるのです。

しかし、たとえ自分の意識が自覚してないとしても、この3つの意識は「自分」そのものです。ですから、自分がその出来事を選んだことには違いなく、またその目的は、自分のためになることだと言えるのです。


でも君は、本当は自分で成功すると認めたいんだよ。ところが、その認めたいという想いを自分で認めていないから、他人に認められたいと思った。これは、自分で想いを認めないと、代わりに誰か他人に認めてほしくなるという心の作用なんだ。『自分を認めたい』という想いを認めないと、『認められたい』になる。『役立ちたい』という思いを認めないと、『感謝されたい』になる。『自分を愛したい』という想いを認めないと、『愛されたい』になる」(p.131)

他人の評価を得たくなる(執着する)のは、自分が自分を評価していないからです。本当は自分で自分を評価したいのだと気づかないと、自分を評価できません。まずは自分の本当の欲求に気づくことが重要なのですね。


(そうだ、あのときも大好きだと言ってくれた。今も……僕は愛されているんだ)
 それに気づくと、自分でも驚くような答えがふと浮かんできた。
 愛を学ぶため。
 今、この出来事は愛を学ぶために体験している。
」(p.300)

すべての出来事は、究極的には「すべては1つのもの」であることを学ぶために、思い出すために起こります。そしてそれは、「愛」だということです。この世はすべて愛だったことに気づく。そしてそれを体験する。それが、起こる出来事の目的なのですね。まるで「神との対話」で語られているような内容です。


本の帯には、「実話をもとにした、心が軽くなるビジネス小説」とあります。この小説に出てくるエピソードのほとんどは、犬飼さんがインタビューした実話だそうです。事実は小説より奇なりと言いますが、そういうことがあるのでしょうね。

物語形式なので読みやすく、また主人公に感情移入して、自分がその場で生きているかのように感じます。そして主人公とともに苦悶しながら学び、成長していくのです。犬飼ターボさんの成功小説は、わかりやすく真理を伝えてくれます。

TREASURE トレジャー
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 12:40 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

晴耕雨談 第1弾

今日は本ではなくCDの紹介です。アマゾンなどでは取り扱っていないようですので、お求めは喜多川泰さんのオフィシャルサイトからどうぞ。

先日、「読書のすすめ」さんの企画で、喜多川泰さんの講演会に参加しました。

そこでは、喜多川さんの講演、読すめ店長の清水克衛さんの講演、そしてお二人の対談が行なわれました。

その後、書店の方へ移動して、喜多川さんのサイン会も行なわれました。そこでこのCDを購入して、サインをしていただいたのです。

喜多川泰
【喜多川泰さんと一緒に】

清水克衛
【清水克衛さんと一緒に】


CDは、喜多川さんが尊敬してやまない各分野で活躍する一流の人を招いて対談するというもの。その第1弾は、通称ウエジョビ(上田情報ビジネス専門学校)副校長の比田井和孝さんです。

比田井さんと言えば、「私が一番受けたいココロの授業」がベストセラーになった教育者で、喜多川さんとは相通じるものがあるようです。


CDなので、引用することができないのですが、心に残った話をご紹介します。

お二人とも教育者という立場なのですが、そこにはどうやって生徒を成長させるかという課題があります。ウエジョビでは、「挨拶、掃除、素直」というスローガンを掲げて、そういう生徒を育てたいと思っているのだそうです。

では、どうやって生徒に挨拶させるのか? 比田井さんは、けっきょく先生たちが変わらなければならないのではと気づき、先生たちの間で意識を共有するところから始めたと言います。

喜多川さんもそれに同意され、けっきょく他人を動かすことはできないのだと言われます。他人を裁いたり押し付けたりするのではなく、自分がそうであろうと努力し続けること。その姿を見せるしか方法はないのだと。

これを、「人を相手にせず、天を相手にする」と言われています。西郷隆盛「敬天愛人」につながる考え方ですね。他人を批判したい気持ちをぐっと抑え、黙って自分がやるべきことをやる。それしか方法はないのだと。


喜多川さんと比田井さんの熱い思いがぶつかりあう対談は、何度も繰り返して聞きたくなります。

晴耕雨談 第1弾
 


posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 13:20 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

自分の花を咲かせよう



神渡良平さんの本を読みました。今回は、詩人の坂村真民(さかむら・しんみん)さんを紹介する本になります。

神渡さんはこれまでにも、多くの人を紹介する本を書かれて、スポットライトを当ててこれらました。私も神渡さんの本を読むことで、その紹介された人のことを詳しく知って、その生き方に感動してきました。今回の本もまた、そういうものでした。

雑誌「致知」でもよくお見かけしたので、「念ずれば花ひらく」という言葉や、坂村真民さんというお名前は存じ上げていました。しかし、どういう生き方をされてこられたのかなど、詳細はまったく存じ上げませんでした。

この本によって、真民さんのことを身近に感じられたのは事実です。そして、その到達された境地が、いかに深いものであったかを知りました。


ではさっそく、一部を引用しながら内容を紹介しましょう。

悟りとは
 自分の花を
 咲かせることだ
 どんな小さい
 花でもいい
 誰のものでもない
 独自の花を
 咲かせることだ
  (「悟り」坂村真民)
」(p.2)

冒頭に、真民さんのこの詩を掲げています。ここから、この本のタイトルがつけられているようです。


「あきらかに知りぬ。心とは山河大地なり。日月星辰(じつげつせいしん)なり」(※星辰=星のこと)
 道元禅師は人間が高度に澄み切ると、山河大地と渾然一体となり、太陽や月や星と溶け合って一つになると言われます。真民さんは暁天お祈りや初光吸引を通して、宇宙と一つになっていきました。
」(p.45)

道元(空海)の悟りは、「声心雲水倶了々」という言葉で語られています。詳しくは前の記事「宇宙と一体になること」をご覧ください。これを真民さんも感じられたのですね。


念ずれば
 花ひらく

 苦しとき
 母がいつも口にしていた
 このことばを
 わたしもいつのころからか
 となえるようになった

 そうして
 そのたび
 わたしの花が
 ふしぎと
 ひとつ
 ひとつ
 ひらいていった
」(p.69)

これが真民さんの代表作でもある「念ずれば花ひらく」という詩です。この詩に触発されて、自殺を思いとどまった経営者がいます。そして、やり方がどうかではなく、まず「決める」ということの重要性を知った経営者がいます。それが松下幸之助さんであり、その話に影響を受けた稲盛和夫さんなのですね。そのエピソードも書かれています。


世の中で起こる出来事はすべて意味があります。あなたのお体が弱いのも、それがあなたに背負わされた運命なのです。それに耐え、それを乗り越え、逆にそれを大きな恵みとされたとき、あなたの業(カルマ)が解消するのです。
 だから背負わされている重荷を不幸だと悲しむのではなく、みんなに成り代わって背負っているのだと受け止めることです。
」(p.167 - 168)

真民さんが師と仰ぐ春苔尼さんが真民さんに贈った言葉です。師の言葉に励まされて、真民さんは思索を深めていかれたのだと思います。


強運の持ち主だといわれて、真民さんはびっくりしました。
「私はそういう強運の星のもとにあるというのに、どうして今日まで、よい運に恵まれずに来たんでしょうね」
 すると、その人は天を仰いで返事を探した末、こう答えました。
「あなたはとてもよい運勢を持っているのに、今日までそれを消し消しやってきました。おれは駄目だ駄目だとばかり思って、運を消してきたのではありませんか?」
」(p.178)

真民さんが占いをしてもらった時のエピソードです。真民さんは、有名になる前は自分に自信が持てず、自分は駄目だと否定し続けていたのですね。


信仰とは神仏に預け切って何事でも甘受し、感謝して過ごすことです。信仰とは判断の基軸を人間世界ではなく、神仏へと移すことです。真民さんは「何でも感謝して受けるようになって、実に軽やかになった」と言われます。」(p.180)

自分で何とかしなければとあくせくしていた時は、不安しかありませんでした。何もできない自分を悲観し、自己否定するだけでした。しかし、信仰はそういう自分を受け入れ、神仏に委ねることです。真民さんは、そういう境地を切り開いて行かれたのです。


万物の霊長たる人間が四苦八苦するために、この世に遣わされているはずはありません。それぞれに与えられている持ち味を十分発揮し、世に貢献するためです。行き詰まったように見える出来事も、状況を再考し、よりよきものを産みだすために起きているのであって、決して潰してしまおうという悪意が働いているわけではありません。
「何事も感謝して受けよう。道は必ず開ける!」
 と思ったら、どっしり構えて対処できます。
「そうだ、大宇宙はもっともっと喜びなさいと言っているんだ!」と、真民さんは深く納得できました。
」(p.239 - 240)

真民さんは晩年、「大宇宙の本質は大和楽だ!」と悟られたようです。宇宙(神)は、人を苦しませようとしているのではなく、喜び楽しませようとしているのだと。このことがわかれば、安心していられるのです。

そして平成八年(一九九六)十月に出版した『念唱 大宇宙大和楽』(エモーチオ21)に「二十一世紀の扉開きと新しい人間」と題して、「私は『念ずれば花ひらく』と『大宇宙大和楽』という二つの真言を残すためにこの世に生まれてきたと思います。しかし今日では『大宇宙大和楽』をずっしりと心にとどめる心境になります」と書きました。」(p.243)

宇宙(大自然)と一体化し、「すべては一つのもの」を体感する。そうすれば、対立というものはなくなり、苦悩も消え去ります。残るのは、ただ喜び楽しむことだけ。それが真民さんが到達された境地なのだと思います。


「ひどい病気だ。悪魔のようにしつこい奴だ」と病気を憎みました。
 ところがそのうちに心境の変化が起きてきて、病気を憎まなくなりました。
「そんなにくっついて離れないのなら、いっしょに生きていこう」
 と、むしと憐れむようになったのです。するとあれほどしつこかった皮膚病が次第に消えていきました。
」(p.245)

しつこい皮膚病に悩まされた真民さんのエピソードです。そしてこの出来事から、こんな詩が生まれました。

光だ
 光だ
 という人には
 いつか光が射してくるし
 闇だ
 闇だ
 という人には
 いつまでも闇が続く
」(p.246)


仏教にとどまらず、キリスト教やその他の宗教も含めて、真理につながる境地を詩に表現された真民さん。その花が開くまでには、たくさんの苦労がありました。しかし同時に、奇跡的な導きもありました。

覚悟を決め、やるべきことをやろうとして日々を過ごせば、自ずと導かれる。そんなことが、真民さんの人生から見えてきます。

神渡さんには、本にサインをしていただきました。そこには「一道を貫く」と書かれていました。これはまさに、私に対する言葉だと受け取りました。私が目指す一道。それは、真理を世に伝えていくことです。「神との対話」を読んで、そのことを誓ったのですから。初心に戻ってそのことをやっていこうと、この本を読んで思いました。

自分の花を咲かせよう

神渡良平さんのサイン
 

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 01:24 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ