2012年07月22日

違いがあるのに本当は同じものとはなーんだ?

人は、それぞれ個性があります。

持って生まれた遺伝子も違えば、育つ環境も異なります。

ですから、違っていて当たり前です。


「違いがある」ということは、「差がある」ということにもなります。

その差を比べるのが競争ということにもなるのでしょうけど、必ずある価値観において優劣が決まります。

そもそも優劣というのが、ある価値観におけるその要素の大きさを比較するという意味ですから。

差があるならば、必ず優劣があるというのは当然のことです。



幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-影の比較

しかし、だからと言って「優れている方」が「劣っている方」よりも価値があるわけではありません。

ここを間違えてしまうから、「優れている方」は天狗になってしまったり、「劣っている方」は自己卑下してしまうことになるのです。



まず、先ほども言ったように、これは「ある価値観」における比較に過ぎません。

つまり、「別の価値観」で比較するなら、また別の評価があるということです。


たとえば、背が高い方が絶対に優れていると言えるでしょうか?

もちろん多くのスポーツでは、背が高いことが有利に働くことはあるでしょう。そういう意味では優れています。

しかし、背が低い方が優れていることもありますよね。

動物界を見るとよくわかりますが、哺乳類は最初のころはとても小さかったのです。

それは食糧事情から大きくなれなかったということもありますが、小さい方が身を隠すのに都合が良かったという面もあったのです。

背が小さい哺乳類は生き延びて繁栄しましたが、背が大きかった恐竜は死に絶えてしまったのです。



次に、どんな価値観で比較するにせよ、それは幻想の世界における比較だ、ということがあります。

この世は「すべてひとつのもの」なのです。

「ひとつのもの」から万物が生まれていますが、これは「ひとつのもの」が創造主で、万物が被造物という創造主とは別のものという意味ではありません。

万物はすべて、「ひとつのもの」の一部であり、また一側面なのです。

たとえば、「ひとつのもの」を実体とするなら、この世の万物は影のようなものです。

光のあて方次第で、影は様々な形になってしまいますが、その実態は同じものです。

その影が、背が高いとか低いとか言ったところで、そこにどんな意味があるのでしょう?


私たちの真実の姿が「ひとつのもの」という素晴らしいものなら、私たちの今の姿(仮の姿)がどうであれ、私たちの価値が損なわれるものではありません。

だから、真実の姿を見抜くことが大切なのです。

それをしない限り、影の背の高さを競うことで自分の価値を保証しようと、愚かな努力をすることになるのです。


影の価値を競って得た自信は、本物の自信ではありません。

本物の自信は、そういうものに根拠を置かない自信です。

真実の姿に絶対的な価値があると知ることで生まれる自信です。

その本物の自信を得ることができれば、何が起ころうともくじけることがありません。

違いは違いとして認め、他人の素晴らしさを賞賛し、希望に満ちて自分の人生をまっとうするでしょう。



あなたは、そういう人生を歩みたくありませんか?

もし歩みたいなら、真実の姿を知ることです。そして幻想の中にあって、真実の姿として生きることです。

あなたの本質は、絶対的に素晴らしいものです。

そのことを思い出してください。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:53 | Comment(0) | 私の考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

バンコクの結婚式はこんな感じです

先週の土曜日に、私の会社の社員の結婚式がありました。

私は、夕方からの披露宴に参加しました。


バンコクで結婚式をする場合、田舎とは少し違います。

披露宴をホテルなどで広い場所を借りて行うのです。

日本のような、結婚式専門の場所はないようですね。

この日も、イベント会場のようでした。

場所はだいたいどこも、200人以上から貸してくれるようです。

もちろんホテルの小さめの会議室で、50人くらいの披露宴もできると思いますよ。



部屋に入る前に受付があり、そこで記帳をして、封筒に入れたご祝儀を箱に入れます。

その近くでは、新郎新婦と一緒に写真を撮るブースがあり、順番にカメラマンに撮ってもらいます。

それが終わったら席に案内されます。

丸テーブルで、テーブルごとにどういう関係者が座るか決められています。

私は、うちの会社関係の席に案内されました。

幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-結婚披露宴の料理

始まるまでは、飲み物が給仕されます。

この日はビールがなかったので、水割りを選びました。

時間になると、次々と料理が運ばれます。



まず最初に、スクリーンにビデオが映しだされました。

2人が出会って結婚を決めるまでの様子を再現したようなビデオです。

他にも写真が飾ってありますが、まるでモデルのような写真がたくさん。

まあこれは、私もやりましたから知ってますけど。

幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-結婚する2人

それから司会が登場して、掛け合い漫才のようにしゃべりまくりながら会場を盛り上げます。

タイのテレビを見ているとわかりますが、ともかくしゃべり続けます。

黙ったら死んでしまうと思っているのではないかと疑いたくなるほど、息する暇も惜しんでしゃべるのです。


続いて新郎新婦が登場し、来賓の挨拶もありました。

この日、挨拶したのは3人ですね。だいたいこんなものです。

その後は、新郎が想いを歌にして新婦に贈ったり、出会った時にどう思ったかなどの質問に答えるコーナーがあったりして、時間が過ぎていきます。


珍しくケーキ入刀もありましたね。

ただしそれはまねごとで、偽物のケーキを3回も4回も切る真似をしてました。

こういうところは、日本のを当然と思っている私からすると、つい笑っちゃいます。

そのあとで、皿に盛られたケーキを、主要な客のところへ新郎新婦が運びます。


新婦がブーケを投げて、取った人が次に結婚できるというイベントもありましたね。

ところがブーケを投げないのです。

まるで船の出港のようにテープが伸びていて、それを参加者に持たせて引かせます。

ブーケにつながっていないテープはするりと抜けてしまい、最後に1人だけ残るという方法です。

「そんなやり方があるんだ」と、ちょっとビックリです。



約2時間の披露宴が終わると、あとはみなバラバラに帰ります。

いつ終わったのかわからないのが、タイの披露宴なのです。

司会がいなくなったら、もういつでも帰って良いようです。


新郎新婦は、また入口付近でみんなを見送ります。

まだ写真を撮っていない人は、そこで写真を撮ることもできます。

新郎新婦に関係なく、いろいろなオブジェをバックに、それぞれ写真を撮って楽しんでいました。


披露宴の途中では、何度も感動のあまりに涙をこぼしていた新郎と新婦。

2人が幸せに暮らしていくことを、心から祈っています。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 12:50 | Comment(0) | └ タイのお役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暑いタイでソフトボールをしませんか?

昨日は、ソフトボールをやりました。

もう5年以上続けています。

毎月2回、日曜日の午前中に近くのグラウンドに集まって、汗を流しています。


幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-ソフトボール


昨日は一段と暑かったので、こんな顔をしています。

「そんなに暑い中で、ソフトボールなんかやらなきゃいいのに。」

そう言われてしまいそうですね。

でも、これが楽しいんですよ。



私たちがやっているのは、「へたくそソフトボール」という価値観を共有した仲間で行うソフトボールです。

具体的に言うと、「老若男女、上手くてもへたくそでも関係なく、みんなが集まって楽しむソフトボール」というコンセプトなのです。

ですから、勝ち負けは二の次。まず第一は楽しむことなのです。


へたくそだとミスが増えますから、ちょっとしたミスの影響が大きくならないように、ルールなどを工夫しています。

また、基本的に打たせること、打って塁に出ることを優先させるように考えています。

そのための審判のやり方として、3ボールの後フルカウントまでは、どんなボールでもストライクにします。

四球を減らすためです。

また女性や子どもが打者の場合、空振り三振のところをファールにしてしまうことも。

だって、打って塁に出ないと楽しくないでしょう?



11月と3月には、トーナメント大会も開催します。

その名も「へたくそソフトボール大会」、略称はHSTです。


幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-第10回HST

だいたい8チームほどが集まり、朝から夕方までソフトボールを楽しみます。

日本人が中心ですが、タイ人がメインのチームもあって、総勢で100人以上が集う大会なのです。

詳細はオフィシャルブログをご覧くださいね。

「へたくそソフトボール」



私は最近、膝を痛めた影響で、試合には出ていません。もっぱら審判です。

それでも、みんなが楽しそうにやっているのを見るだけでも、十分に楽しい気持ちになれます。

それにキャッチボールやトスバッティングをするだけでも、ソフトボールをやったとき気持ちになれますから。


来月になれば、次のHSTの準備に取り掛かります。

今度は第11回大会になります。

日本におられる方にとって、タイでこんなことが行われているなんて、ちょっと不思議な感じがするのではないでしょうか。

タイではほとんど知られていないソフトボール(野球)ですが、仲間と一緒に楽しみながら続けたいと思っています。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:16 | Comment(0) | └ タイのお役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩んでいる暇があったらタイに遊びに来ませんか

今、この時にも、自殺したくなるほど深く傷つき、生きることに悩んでいる人がいると思います。

そういう人のことを考えると、本当に残念でなりません。

ほんのちょっと考え方を変えるだけで、もっと楽しく生きられるのに。

そう思うのです。



以前、人が変わるためには引越しをすることだと書きました。

それができないのなら、せめて一人旅をしてみないかと提案しました。

「それで本当に効果があるの?」

そんなことを疑う暇があったら、まずはやってみてほしいのです。

死ぬ気になったのなら、本当ならなんでもできるはずです。

ですからああだこうだとできない(やらない)理由を並べる前に、「○○へ一人旅をしよう」と決めた方が良いと思います。


行き先はどこでも良いのですが、旅の初心者なら近くてなるべく異なるところが良いでしょう。

そして、治安もそれほど悪くないところが安心です。

そういう意味で、タイは最適な場所だと思うのです。


もちろん今、私が住んでいるからそう思うということもあります。

片道5〜6時間というフライトもそんなにつらくはないでしょうし、格安ツアーなら3泊4日で5万円くらいからありますしね。

「よし、○月にタイへ行こう!」

まずはそう決めて、それから方法を探すのです。

行って何をするのかさえ、それから考えたらいいのです。

行けば、必ず何かがあります。いえ、何かがあると思って行くから、何かと出会うのです。



私が案内するわけではありませんが、メールでアドバイスを差し上げることもできます。

もしご希望でしたら、ソフトボールに参加してくださってもかまいませんよ。

タイに住んでいる日本人から話を聞けば、いろいろなことが見えてくるでしょう。


ともかく、まずは行動を決めるのです。

それから、その行動に対する意味付けをしましょう。

このやり方が、あなたの可能性を広げます。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 21:01 | Comment(0) | 実践内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

謎の覆面選手が引退しました

プロレスには、覆面レスラーというのがけっこういますよね。

顔を隠して、誰だかわからなくする。(わかっている人もいますけど。)

そこにどんな意味があるのかわかりませんが、何やら神秘的で、惹かれるものがあります。


私は、ミル・マスカラス選手が好きでしたね。

空中殺法を得意とし、地上に立っているよりも飛んでいる時間の方が長い、と形容されたほどです。

もちろん、そんなことはありませんけどね。

でも、あの華麗な空中技はみごとで、ワクワクして見ていましたよ。



プロレスに覆面選手がいるなら、他のスポーツでもやったらいいのに。

そう発想の転換をする人は、私も含めて意外と少ないようです。

しかし、いました。

しかも、ここタイ・バンコクに。

そしてそのスポーツは、なんとソフトボール!



幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-覆面選手


「ウソでしょ?なに、このカッコウ。暑苦しい。」

様々な罵声が飛びそうですが、これは実在の人物です。

そして、我チームから引退することになりました。これは引退試合の記念写真なのです。



彼は20代のムキムキ筋肉マンなのですが、日に焼けたくないから、この完全防御になったそうです。

そう言われてみれば、日に焼けないことを最優先するなら、もっとも適した格好と言えます。

実際、彼がしているような目出し帽は、戸外で作業をする人がけっこう利用しています。


一見すると、常識外れと思えるようなことも、その人の立場に立てば、それなりに意味があるということです。

自分の価値観だけが絶対だと決め付ける人は、相手の立場に立つことができません。

それによってもっとも損をするのは、そういう固定観念しか持てない人。

もっと自由になりましょう。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 11:58 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せになるくらいでは満足しない

幸せになることは、まったく難しいことではありません。

ちょっと考え方を変えるだけでよく、その気になれば、今すぐ、その場で、幸せになれるのです。

そのことは詳しく「幸せの公式」などで書いています。


ですから、人生の目的は幸せになることではありません。

それではあまりに簡単に到達できてしまいます。

人生の目的は、自分らしさを体験することです。

自分の素晴らしさを体験して、喜ぶことなのです。


以前、感動とは魂の喜びの表現だということを書きました。

つまり、私たちは感動を何度も味わうために生きているのです。



感動を味わうためには、何ごともない人生ではダメです。

それは、ドラマを見たり、小説を読むのが好きな方なら、よくおわかりでしょう。

主人公が何かを目指すのですが、必ずそこに邪魔が入ります。

打ちのめされ、くじけそうになります。

それでも何かの助けを得て、主人公は再び雄々しく立ち上がるのです。

そして最後の坂を一気に駆け上がり、頂点に立ちます。

「やったぞー!私はやったんだー!」

これが感動を呼ぶストーリーです。


私たちの人生も、これと同じことをするのですよ。

なぜかって?そうしないと感動しないからです。



生まれた時から大金持ちの家で、何不自由なく育ちました。

やることなすことすべて上手く行き、失敗とか挫折とは無縁の人生です。

引退するまでに資産を10倍に増やしました。

そして家族に看取られ、穏やかに生涯を閉じたのです。



こんな人生が、面白いですか?

それより、こっちの方が感動するでしょう。


とても貧乏な家に生まれ、食事すらまともにできずに育ちました。

勉強をしたくても本も買えず、たった1冊の本を擦り切れるまで何度も読みました。

試験にも何度も落ち、自分の才能を疑って苦しみました。

しかし、いつも自分のことを信じてくれた優しい母のことを思い出すと、「ここでへこたれるわけにはいかないんだ!」と、気持ちを奮い立たせるのです。

そして彼はついに政治家となり、アメリカ合衆国の大統領になりました。

彼の名は、エイブラハム・リンカーンと言います。



あなたが主人公なのです。

間違いなくあなたが、感動の人生の主人公なのです。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:24 | Comment(0) | 幸せ実践塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVDで映画「ダイハード」を観ました

「ダイハード」という映画をご存知でしょうか?

ブルースウィリス主演の、1988年に上映された映画です。

大変人気があって、その後もシリーズを重ねています。

 

先日、DVDショップで棚にあったのを偶然見つけ、「ダイハード」と「ダイハード2」を買いました。

因みに値段は1つ198バーツ。だいたい500円くらいです。安いでしょう?


それを先日、妻と2人で観ました。

夜8時くらいから観始め、「ダイハード」を観終えたのが10時くらい。

そうしたら妻が、「続けてもう1つ観たい」と言うので、仕方なく「ダイハード2」も観てしまいました。

終わったのが12時くらいで、妻は「ちょうど良かったね」と言っていました。

なるほど、そうとも言えます。



それで観た感想なのですが、やっぱり面白いです。

「ダイハード」の方は、もうすっかり内容を忘れていました。

「ダイハード2」の方は、まだ要所要所を覚えていました。それでも、感動したのです。

妻は、「続きのシリーズも観たい」と言っています。


「ダイハード」シリーズの面白さは、主演のブルースウィリスの弱さにあります。

弱いヒーローというのは、珍しかったのです。それに、はまり役でした。


苦境をぼやきながら、それでもあきらめない主人公。

やられて傷つきながらも、最後の最後にはなんとかしてしまう。

その主人公を見ながら私たちは、一緒になって「がんばれー!」と応援してしまうのです。



あきらめなければ、何とかなる。

それはまさに聖書に書かれた勝利者のストーリー

ボロボロになり、のたうちまわりながら、それでもあきらめずにしがみつく。

そういう生き方が、感動を呼ぶのだと思います。


だから、ヒーローになりたかったら簡単なんですね。

最後まであきらめないこと。

そんなことを映画「ダイハード」によって、気づかせてもらいました。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 21:14 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

なぜそれを選んだのかわかりません

小学校のころ、私は本を読むのが好きでした。

それは以前にも書いたように、1日2冊のペースで読むほど。

私の国語力は、この読書によって鍛えられたと思っています。


そんな本好きの私ですが、苦手なものがありました。

それが読書感想文です。



普通に作文なら、得意とは言わないまでも、なんとか書くことができます。

けれど読書感想文になると、急に困ってしまうのです。

それは、書き方がわからないから。


まず私の読書感想文を読む人は、それによって本を知るわけです。

つまり、私とは前提が違っています。

したがって、本の内容に触れないわけにはいかないと思ってしまうのです。


たとえば作文なら、「今日は家族と海へ行きました。」みたいな、状況説明が入りますよね。

それと同じように読書感想文でも、「主人公は・・・した。そのあとで、主人公は・・・だと思った。」というように、ある意味で本のあらすじを書くことになるのです。

そして最後に、「おもしろかったです」とかの貧相な感想を書くスタイルになりがち。

これが、どうも嫌なのです。

これはおかしい。これは美しくない。

そう感じるのに、どう書いて良いかわからず、書くのが苦手になってしまったのです。



あれはたしか小学校4年か5年のころだったと思います。

また読書感想文の課題が出されました。

長文の本は、あらすじを書くのに困るので、私が選ぶのはいつも短い内容の本です。

それで、この本を選びました。

「ゴータマ・シッダールタ太子」


おわかりの方もいらっしゃるでしょう。

出家する前の釈迦の名前です。


王子として生まれ育ち、何不自由のない生活をしていたシッダールタ太子です。

それが街に出た時、庶民の苦しみを目にします。

それからは、いつもそのことが頭から離れません。

人々には、生・老・病・死という4つの大きな苦しみがある。

この苦しみを、何とか取り去ることができないだろうか?

シッダールタ太子は悩んだ末、王位継承権も妻も子も捨てて、出家するのです。




私は、どうしてこの本を選んだのでしょうか?

その記憶がまったくありません。

ひょっとしたら偉人伝のコーナーにあったのかもしれませんけど、そらなら本のタイトルは「釈迦」とか「釈尊」ですよね。

それと、どんな感想を書いたかも覚えていません。

きっと当り障りのないところで、「すごい人だと思った」くらいのことを書いたのでしょう。


記憶にあるのは、こんな不思議なタイトルの本を選んで読んだということ。

そして、おそらくこれが、私にとって最初の、仏教教義との出会いだったと思うのです。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 11:36 | Comment(0) | ├ 私の生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「バットマン」を観ました(ネタバレ注意)

昨夜、妻と一緒に映画「バットマン」を観に行きました。

以前観ようとしたときは、良い席が埋まっていたのであきらめたのです。

さすがに5日過ぎたし火曜日だったので、今度は希望するソファー席が空いていました。

それでも真ん中から後は、ほぼ満席でしたけどね。


3時間近い長い映画で、さすがに疲れました。

以下、内容の一部がネタバレなので、これから観られるという方はご注意ください。



全体的な感想で言うと、「まあ普通」といったところです。

悪くもないけど、それほど感動もしませんでした。

その理由の1つには、私が英語を理解できないということがあることは、間違いないことです。

タイ語の字幕はありますけど、私には無用の長物です。

むしろタイ語吹き替えの英語字幕の方がありがたい。


ストーリー展開が理解しづらかったのです。

「なぜここで、こういうことをしなければならないの?」

そう疑問に感じることが多々あって、だんだんと興味が薄れてしまいました。



それとは別に、終わりに近いある場面で、私は非常に違和感を覚えました。

悪の軍団が刑務所に押し入り、囚人を解放するのです。

すると囚人たちは歓声を上げ、銃を手にして悪の軍団の味方になってしまいます。


「えっ、どうして?囚人だって、それぞれ考え方が違うでしょう?」

アメリカの映画を見ると、こういう場面がけっこうあります。

「囚人=悪」という図式です。

彼らは根っからの悪であり、スキを見せれば襲ってくる無法者だという価値観。

私は、どうもこの考え方に馴染めません。


最後は正義の味方の警察軍団と囚人軍団が壮絶なバトル。

これが勧善懲悪の象徴的に描かれていることに、またしても違和感を感じてしまいました。

彼らにも親があり、兄弟があり、妻や子がいるかもしれません。

何かよんどころない事情で法に反することをしたかもしれませんが、心の優しい愛すべき人かもしれないのに。



エンディングも違和感があったのですが、これを書くとさすがにまずいので、書かずにおきます。

まだ「ダイハード」の方が面白かったし、この前観た「スパイダーマン」の方が良かった。

それが正直な感想です。

とは言え、こういう違和感に気づけたということは、大きな収穫だと喜んでいます。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:08 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反省と罪悪感はまったく違います

昨今は、あちこちで「反省しろ」とか「まったく反省の色が見えない」などと、他人に反省を求める声が聞かれます。

こういうとき、「反省」という言葉を使いながらも、実は別の意図を持っているのではと感じることが多々あります。


それはどういうことかと言うと、「誠意のある謝罪」を求めていると思われるからです。

「それが本当に反省した、ということなんじゃないの?」

そう思われるかもしれませんね。

でも私は、「誠意のある謝罪」と「反省」とは別のものだと思うのです。



「反省」というのは、自分が関係する出来事を振り返り、間違ったところを洗い出して、次からは間違いをしないようにしようと決めることです。

謝罪するかどうかは、まったく関係ありません。


それに対して、一般的に「反省の色が見えない」などと言う時は、相手に謝罪を求めています。

しかもそれは、心からの謝罪でなくてはなりません。つまり、「誠意のある謝罪」をすることを「反省」と表現しているのです。


「誠意のある謝罪」と言えば聞こえがいいですが、要は「罪を認めろ」と言うことです。

「罪悪感を抱きなさい」と言うことです。

「私はとんでもないことをしました。どんなに詫びても取り返せないひどいことをしてしまいました。申し訳ありません。」

そう泣きながら詫びることを求めているのです。


「それのどこがいけないと言うの?だって悪いことをしたんでしょう?」

そう思われるとしたら、人のことがまだよくわかっていませんね。

「盗人にも三分の理」ということわざがあります。

戦争はいつだって互いに正義の戦争です。

誰もがみんな、「自分は正しい」と思って行動するのです。

あるいは、「仕方がないよ」と思って行動するのです。

だから一方的に悪と断罪されれば、反発してしまうのです。



それなのに、一方的に悪いということを認めろと迫っています。

だから迫られた方は、形だけ取り繕うことになります。それが透けて見えると、「誠意がない」ということにされてしまうのです。

そして、見た目が「誠意のある謝罪」に見えるかどうかが重要視され、本当に反省したかどうかが軽んじられます。

その結果、同じことが繰り返されるのです。



罪悪感というのは、自分には価値がないと認めることです。

そんなこと、普通は認められるはずがありません。

どんな極悪人だって、自分にも少しは正義があると思ってやっているのですから。


本当の意味で反省しないと、間違いを正すことはできません。

そのためには、罪悪感を抱くことや抱かせることは、百害あって一利なしだと思うのです。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 21:10 | Comment(0) | 私の考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ