2012年05月31日

人に情けをかける

他人に親切にすることを、「情けをかける」と表現します。

最近の人は、あまり使わないのでしょうか?いい言葉だと思うのですけどね。


「情けは人のためならず」ということわざがあります。

これの意味を、「親切にするとその人の為にならないから、あまり面倒をみない方が良い。」と解釈する人が多いそうです。

なかなか面白い解釈です。ほんと。だって、そう感じることって、けっこうありますからね。

たとえば部屋にこもりがちな老人に、上げ膳据え膳だと、さらに動かなくなって健康を害することもあるでしょう。

意地悪なようでもリビングまで歩いて来させることで、それが健康に役立つこともあるのです。


でも、このことわざの本来の意味は違います。

それは、このことわざには続きがあるからです。

「情けは人のためならず。めぐりめぐって、己(おの)が身のため。」

つまり、情けをかけるのは他人のためではなく、回り回って自分のためになるからそうするのだ、ということです。

七五七七という歌になっていて、読んでも爽やかです。



このことわざは、素晴らしい真理を表現していると思います。

まず、他人のためにと思って何かをすることは、実は他人のためじゃなく、自分のためにやっているのだ、ということです。

次に、自分に何かが返ってくるとしても、それは親切にした人からではなく、まったく別の人から返ってくるということです。


だから直接のお返しを期待することはもちろん、お礼の言葉さえ期待するのはナンセンスだ、ということになります。


そうなりますよね?変ですか?

変だと思われた方は、もう一度よーく考えてみてください。

他の誰かのためを思って何かをすることは、自分のためにやるのです。だから見返りもお礼も感謝の気持も要求してはいけません。



「徳を積む」という言葉があります。

特に陰徳を積むことが大事だと言われます。陰徳とは、人に知られない良い行いです。

聖書にも、「右手でやる良い行いを左手に知らせてはいけない」ということが書かれていますよね。

良い行いというのは自分のためにやるのであって、他人に知らせて、何か見返りを求めてやることではないのです。


さあ、あなたも何か一つ、他の人のために良いことを、誰にも知られずにやってみましょう。

通勤途中にゴミが落ちていたら拾う。火のついたタバコの吸殻が落ちていたら踏んで火を消す。そんな些細なことから始めてみましょう。

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 12:56 | Comment(0) | 実践内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謙虚さと自信を併せ持つこと

先日の記事「今を楽しむことに専念する」に、広瀬つみきさんからコメントをいただきました。

謙虚であることと、適度に自信を持つことの、バランスが難しいとのこと。

それに対して私は、バランスではないというコメントを返しました。

その真意について、説明することにしましょう。



私も以前はそうでした。謙虚さと自信は、相反するものと思っていたのです。

たとえば、「自分は頭が良い」と自信を持っている時、それをストレートに言うと自慢になります。

謙虚な人は、そう思っていたとしても言葉では、「私などたいして頭が良くはありませんよ」と言うものだと思ったのです。


自慢するのは鼻持ちなりませんが、謙虚すぎるのも厄介です。

「いやいや、私などが前の方に座っては(いけません)。他にふさわしい方おられますから。」

そう言って、いくら勧められても前に座るのを固辞する人がいますよね。

あれなども主催者からすると厄介でしょうがないと思います。

「そんなに遠慮することないじゃないの。誰が前で誰が後でも、大した差はないんだから。」


こういったことから、バランスが大事だという発想になるのです。

つまり落とし所を探るという感じですね。

そしてこれが、KY(=空気を読む)という考え方にもつながっていきます。

どのくらい主張して、どのくらい遠慮すれば良いか、そのバランスを見極めることが重要だということです。


でも、バランスというのは、非常に難しいものです。

ただ突き進むだけを考えるなら簡単ですが、進み過ぎてもいけないとなると、「じゃあどのくらいが丁度いいの?」という疑問が出てきます。

こういう考え方は、常識に従うという考え方になり、結局は他人の価値観の中で生きることになってしまいます。

だから幸せになれないのです。



何かができるからという理由があることで、自信が持てると思っていませんか?

それが間違っているのです。

そういう根拠のある自信は、偽物の自信です。


たとえば、テストの結果がクラスで1番だったとしましょう。40人のクラスで1番だから頭がいい。そう思って、自信を持ちました。

ところが、全クラスで見ると、200人中の100番でした。「あれっ?普通じゃあないか。」そう思って、自信を失いました。

これが根拠のある自信の正体です。

相対的に比較することによって生まれる自信は、結局その根拠を他人に求めているのです。

つまり他人とか環境に左右されます。

自分で決めているようで、実は他者に決めてもらっているのですよ。


だから、本物の自信を持たなくてはいけません。

本物の自信とは、根拠のない自信です。

それは、「自分は素晴らしい存在なのだ」という事実に対する、絶対的な認識から生まれます。

ミスをするかもしれない。愚かなことをするかもしれない。でも自分は、絶対的に素晴らしい存在なのだ。

そう信じ切ることが、根拠のない自信を持つことなのです。


一方の謙虚さも、実は同様なのです。

相対的に比較することによって生まれる謙虚さは、本物ではありません。

本物の謙虚さとは、他人も同様に素晴らしい存在なのだと認めることから生まれます。


他人のことを絶対的に素晴らしい人だと認識していたら、どうして粗末に扱えるでしょうか?

どうして劣っているとバカにすることができるでしょうか?

たしかに行った行為は、愚かだったかもしれない。考え方は、幼かったかもしれない。でも、絶対的に素晴らしい存在なのです。


あなたは赤ちゃんのことを、歩くこともできない愚図なヤツだとバカにしますか?しないでしょう?

それは、赤ちゃんがいずれ、歩くことができる大人になる存在だと知っているからです。


それならもう、答はわかりますよね?

自分は、いつかその素晴らしさを完璧に表現する存在になる資質を持った存在だと、知ることですよ。

他人は、いつかその素晴らしさを完璧に表現する存在になる資質を持った存在だと、知れば良いのですよ。

実際、私たちはそうした存在なのです。

それを知ることによって私たちは、幸せになることができます。

そしてその幸せな状態を道具として、自分らしい素晴らしさを完璧に表現することを目指すのです。

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:27 | Comment(0) | 幸せ実践塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ